フィンペシア

フィンペシアは通販ではありません個人輸入になります。

 

フィンペシアは通販ではありません。正確には個人輸入代行となります。

 

フィンペシアは日本の厚生労働省で認可を受けている薬ではないので、国内の病院や市販の薬局から購入することはできません。

 

しかし、フィンペシアを購入するのはとても手軽です。インターネットでオンライン注文をすれば10日〜2週間くらいで自宅に届きます。

 

ネットで通販ショップで購入するのと同じなので、通販ショップと思っている方も多いのですが、正確に言うと、通販ではなく個人輸入代行業者を利用していることになります。

 

『ネットでオンライン注文して、代金を支払って、フィペシアが届くのだから通販とは何がちがうの?』 このように思われる方が多いと思いますが、個人輸入代行と通販では大きく異なる点が2つあります。
個人輸入代行の利用は通販ショップの利用よりもリスクがありますから、この点について理解しておく必要があります。

 

フィンペシア

 

フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

 

個人輸入代行と通販のちがい

 

  • 個人輸入代行では返品ができません。

    個人輸入代行は商品を決定してから輸入の代行を依頼するということになります。 ですから、通販とは異なり返品をすることができません。代金は先払いです。

  •  

  • 個人輸入代行の利用は自己責任となります。

    例えば、使用して違和感が生じた場合は、すぐに使用を中止して医師の相談を受ける際の判断。 偽物をつかまされたり、詐欺にあったり、商品が届かないといった輸入代行業者とトラブルがあった場合などの交渉。 このようなことを自分で判断、解決する必要があります。

 

フィンペシアに限ったことではありませんが、個人輸入代行の利用はこのようなリスクがあります。 個人輸入代行を利用する際はこの2つの点に注意しましょう。

 

厚生労働省では「個人輸入において注意すべき医薬品等について」という注意喚起をしています。 国民生活センターでも「個人輸入代行の解決困難なトラブルの事例」を案内しています。

 

このように個人輸入代行を利用して海外の医薬品を使用することは自己責任ですので、リスクについても理解しておくことが大切です。

 

フィンペシアはプロペシアより、はるかに割安です。その為、ネットショップではプロペシアよりも人気があり、利用している方もたくさんいます。

 

フィンペシアは長期間治療をする必要がある男性型脱毛症(AGA)の方にとってはとても心強い味方です。 利用するのであれば正しい知識をもってメリットとデメリットを見極めることが大切です。


inserted by FC2 system